夢織りLetters

harukana1.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日常( 15 )

2年ぶりに復活!!

 (久しぶりに投稿しています。)

気が付いたら、もう最後の投稿から2年が過ぎていました。
2年の間に、色んなことがありました。

三男の双子誕生から、次男の結婚、長男の二子誕生・・・
その他いろいろ、目まぐるしい2年間でした。

またボチボチ更新していきますので、よろしくお願いします。
by geko2203 | 2014-05-15 13:48 | 日常

負けないで

震災の1ヵ月後、朝日新聞に載った岩手の高校生。
その写真の彼女のことが頭の中から離れなかった。
それは、自宅の瓦礫の上で、祖母にもらったトランペットを海に向かって吹いている写真だった。
彼女は震災で母と祖母、叔母、いとこをなくし、祖父も行方不明だった。
それからまたほぼ1ヵ月後、とても嬉しい記事が載った。
それは、これ。

f0213493_1616895.jpg


震災地出身の音楽家達を中心に、プロの演奏家たちが開くコンサートに
彼女を招待するという記事だった。トランペット奏者として。

それが、今日行われた、「故郷」チャリティコンサート。早速行ってきた。
オペラシティーホール満員の観客を前に、彼女は堂々とトランペットを吹いた。
あの日、海に向かって吹いていた曲、ZARDの「負けないで」を。
客席にはお父さんと弟さんの姿もあった。

自分はまだいいほうだ。友人の中には両親をなくした人もいる。
何より私には音楽がある、そして医者になると言う夢があると
涙ながらにも力強く語った彼女。

コンサートでは東北の民謡も演奏された。
オーケストラ総勢100名くらいで演奏する民謡は圧巻で、
ホールを揺さぶるような力強い演奏に鳥肌が立った。
久しぶりに心の底から感動したコンサートだった。
by geko2203 | 2011-05-22 16:17 | 日常
クリスマスからあっという間にお正月が駆け抜け
気がつけば、もう1月も半ば。

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

やっと夫の退院が決まりました。
ほんの少しの入院のはずが、結局23日もかかってしまいました。
でも、晴れて明日退院です。よかったぁ!

とは言え、来月中旬にはまた手術のため入院です。
はぁ。。。。
でも、それが済めば完治。やっとほっとします。

私も今回、夫の病院に日参。23日間皆勤賞です。
友人に、「エライでしょ。毎日行ったんだから」 って言ったら、
当たり前でしょ、って簡単に切り返されてしまいました。トホホ

でも、仕事を終え、毎日面会時間ギリギリまで居て、
帰ってからご飯の支度は、結構大変でした。
そんな生活も、終わりをつげ
明日からはまたブログ生活?に入る予定です。^^

そして、そして明後日は母が上京します♪
私には最高の喜びです。
高校を出て上京し、そのまま東京に30数年も居ついてしまった
私には、母と一緒に過ごした時間の記憶は段々と薄れてきています。
ここいらで、しっかり母と濃密な時間を過ごしたいと思っています。
今回は10日間。
ちょっと短いけど、実家でもひっぱりだこの母を独り占めするわけにはいきません。^^;

では次回、母との日々のブログ読んでください。

f0213493_2295933.gif

by geko2203 | 2011-01-15 22:03 | 日常

年末の手仕事

毎年この時期になると、
年賀状作りに頭を悩ましていた。

今年は喪中につき、年賀状はナシ。
それはそれで、ちょっと寂しい私。

それに代わるものとして、カレンダーを作り始めた。
キットを注文して、パソコンを使って作る。

オシャレに作りたいのだが、そこはド素人の私。

なかなかうまく出来ない。

送る相手の喜ぶ顔を想像しながら
写真を配置していく。
友人3人分と、行きつけのカフェの分、
合計4部作る。

それぞれ、送る相手のかたの誕生日にハートマークをつける。

どうだろう? こんな感じで。
by geko2203 | 2010-11-29 16:35 | 日常
f0213493_223518100.jpg

夫が20年近く愛用してる手帳は高橋書店のだ。
そんな高橋書店が、高橋をうならせたら50万と言う、キャッチフレーズで
身近な名言・格言を毎年募集している。
今年で14回目。審査委員は椎名誠、黛まどか、泉麻人さんほか。

応募してみようかな、と思いつつ
そんな心に残る名言にも出会うこともなく・・・

ただ、今年の初めになんとなく応募していたら、(もう何を書いたのか忘れたほどだが)
日めくりカレンダーに掲載させていただいたとの、手紙とともに、
2011年のカレンダーが送られてきた。A4版の立派なカレンダーだ。1600円也
f0213493_18541974.jpg


高橋をうならせられなかったけど、ちょっとうれしい私。
毎年2万通以上の応募があるそうだから、
2万通分の365に選ばれたわけ? やるじゃん、私!(誰も褒めてくれないから、言わせてください)

さて、どこに私のが掲載されているのか、、、、
1枚1枚めくっていく。結構これが大変だ。
300数枚めくったところで、ようやく、あった!!

f0213493_18533361.jpg

これは、チョンヒが結婚前に、韓国から私に宛てたメールの中の一文だった。
「これからは、自分の幸せより家族の幸せを一番に考えたいと思います。結婚って
幸せの順番(優先順位)を変えることですね」 って。

チョンヒ、ありがとう!

と言うか、それってチョンヒの名言であって、私のじゃないじゃん。
私って、チョンヒが言ったことを日本語に訳しただけ?

きゃー、そんな突っ込まないでください。(って、一人突っ込み?)
by geko2203 | 2010-11-11 22:56 | 日常

おはよう、だけ?

朝起きて、黙って新聞を読み始めた夫に

「あなた、私に何か言うことないの?」

「あ、おはよう」

「おはよう、だけ?」

「は?」

「ほかに言うことないの?」

「・・・・・・」

「あ~あ、どうせそんなものよね」

「あっ・・・おめでとう」

と言う訳で、おめでとうを強要してしまいました。
だって、妻のお誕生日ですもの。
おめでとうぐらい言ってほしいじゃありませんか。ねっ☆

ところで、アサイチでチョンヒからメールが来ました。
「お母さん、今日は私のうちでご飯食べましょう。お父さんと来てください」

うれしい~。

韓国料理がズラリ。美味しかったぁ!
f0213493_22281330.jpg

f0213493_12241348.jpg


こんな素敵なプレゼントも。
f0213493_22291622.jpg

f0213493_22285632.jpg


チョンヒの姉妹も、韓国からわざわざプレゼントを送ってくれました。
f0213493_2230865.jpg


あ~、幸せ。

長男の家から歩いて家に帰る途中、大きな星をひとつみつけました。

ほら、あなた見える?
どこ?どこだい?

視野が極端に狭い夫は星を探すのは至難の技。
f0213493_22405574.jpg


しばらく、道の端に立って二人で空を見上げていました。
そんな夫の足の間を、どこかよその猫が神社の鳥居の下をくぐるように通り抜けた
かと思ったら、今度は横に並ぶ私の両足の間を悠然とかいくぐって、通り過ぎました。
わざわざ私たちの足の間を通り抜けなくても、道は広いのに・・・

でもその様子があまりに面白くて、可愛くて、心がほんわか温かくなりました。
幸せって、こんなところに転がっているんだな、って
思わず夫の手を優しく握りしめました。

はい、ご馳走様でした~って?(^^;)

by geko2203 | 2010-11-05 08:53 | 日常

見上げれば・・・・

先日久しぶりに早起きして、デジカメ片手に朝のウォーキング。

散歩するには格好の場所が、ここ新中川の土手沿いです。(家から5分)

この道をずっと行けば、この先にはディズニーランドが待っています♪
f0213493_22211780.jpg


反対側に目を向ければ、かすかに見えるのは・・・・
f0213493_2222256.jpg


f0213493_19242517.jpg


スカイツリーです。だいぶん伸びてきました。

あ~車で20分の距離だというのに、まだスカイツリーをそばで見たことないなぁ・・・

というわけで、行ってきました。

やっぱりそばで見ると大きいです。

f0213493_21531690.jpg


f0213493_21524255.jpg


現在の高さ、478m。 もう東京タワーを抜きました。(完成時には634m)

f0213493_2153116.jpg


今回はスカイツリー見学会ということで、関係者のかたが色々と説明をしてくださいました。
タワーの色は、スカイツリーホワイトというオリジナルカラーで
白をベースに藍染の技法に倣い、青みを加え美しい色合いを目指したそうです。
そして完成したら、1日おきに2種類のライトアップで彩られるそうです。
”粋”と”雅”がテーマのライティング。楽しみですね。
そして、帰りにお土産として3D絵葉書をいただきました。
f0213493_1455627.jpg


webで現在のスカイツリーが見られます。

どうぞ2012年の春の完成を楽しみにしていて下さい!・・・・って、私が関係者みたいですね。
何の関係もないのですが、ここの会社の株を買ったので・・・ahaha ^^;
by geko2203 | 2010-10-07 21:53 | 日常

嬉しい悲鳴

母から電話がありました。
母が田舎で立ち上げた石鹸工房で
石鹸が売れて売れて嬉しい悲鳴を上げているそうなんです。
そして、今度出来た大きなスーパーからその石鹸を売らせてほしいと
お話があったそうです。

そこで母のひとこと。
「これもみんな○○ちゃんのおかげだよ」って。
えへへ、私のことなんです。

どうしてかって?
いままで、石鹸の袋に入れていた説明書を
リニューアルして作ってあげたんです。

なんの変哲もないんですが、前のよりはいくらか良かったのでしょう。
それに替えた途端、売れ行きがぐーーんとUPしたそうです。

f0213493_21463499.jpg

私としてはかなり嬉しいじゃありませんか!
前より少しでも売り上げが伸びてくれれば。

10数年前、町の環境を守ろうという目的で、
母が町に掛け合って予算をもらい作り上げた石鹸工房。

この石鹸は家庭や学校から出る食廃油の再利用で作っています。

そしてここでは、農村のお年寄りがハツラツと働いています。

また、石鹸のできるまでを実体験できる工房は、
小学校の社会科見学の場にもなりました。

母の想いがいっぱい詰まった石鹸工房。

東京にいながら、少しでもお手伝いできたことがちょっとうれしい
母からの電話でした。
by geko2203 | 2010-10-03 22:03 | 日常

夏のひとこま

実家に行っているあいだ、私は病院と畑と市場を行ったり来たりしていました。
父の面会は一日1時間でしたから、それ以外は実家の手伝いです。
ブルーベリー最盛期の今は、猫の手も借りたいほど忙しいのですが
働けるのは兄と母と私。(ほかは会社勤めです)
炎天下のブルーベリー摘みは兄と私の仕事。もう汗が玉のように吹き出ます。
f0213493_14142322.jpg

f0213493_135938.jpg


f0213493_1694226.jpg

摘み終えたものを母が選別します。これがまた大変。
一粒一粒傷が無いか調べます。柔らかいのや青いの、小さいのはよけます。
そのあと、私が重量を計ってパッキング。
流れ作業です。
傷があるものや小さいのは、ジャムに回します。
(母が大鍋でブルーベリージャムを作ります)

パッキングが済んだら、いよいよ出荷です。
兄は柿畑の草刈りや剪定など、仕事が山ほどあるので
私がバンにブルーベリーを積んで運転していきます。
なんだか、東京でのオフィスワークが信じられないくらい
休む暇もないほどの重労働?です。
でも、それが私の性に合ってるのか楽しくてしかたありません。

今日は久しぶりに涼しい日です。車を飛ばして一路”道の駅”に。
f0213493_1465567.jpg

朝方雨が降ったせいか、山は霧がかかってとてもきれいでした。
田んぼには白鷺の姿も。
f0213493_1471958.jpg


さて、道の駅に到着です。
ここでは2日間売れないと撤去されます。
自分で決められた場所に並べます。
あ~、どうか売れますように!
f0213493_1415112.jpg


その日の午後、そっと偵察に行くと、、、よかった、全部売れてる!
それにしても数あるブルーベリーの中で、こんなに早くうちのだけ完売?
幸先いいなぁ・・・
と思いきや、陳列台の下の箱に山と積まれたうちのブルーベリー。
えーーー?
よくよく見ると、「グラム数が書かれていません」の文字が。
きゃっ、大ドジだ。
急いで持って帰り、再度シールを貼って出荷。

あ~、よかった。翌日には完売していました。
土日は良く売れるのですが、やはり平日の売れ行きはちょっぴりダウン。
平日は市場へ持って行こう!
色々作戦を考えます。
ちょっと遠出をして少し大きな町の市場へ出荷します。
目立つように、可愛いシールもつくりました。
f0213493_142207.jpg


ところで、ブルーベリーを詰める時、上に葉っぱを乗せるのが我が家流。

f0213493_1425112.jpg

そんなとき可愛い葉っぱ発見。
これがそれ。
f0213493_1431110.jpg


きれいなハート型でした。
このブルーベリーどなたのもとへ行ったかしら?
きっといいことあるでしょう!

いいことと言えば、道の駅の横に広~いひまわり畑があるのですが、
そこのひまわり自由に持って帰ってくださいとの館内放送がありました。
剪定ばさみも貸してくれます。なんて太っ腹な道の駅!
母は抱えきれないほどのひまわりをいただいてご機嫌でした。
f0213493_1427245.jpg

f0213493_14374136.jpg


そんなこんなの夏のひとコマでした~♪
by geko2203 | 2010-08-19 09:31 | 日常

雑穀のお勉強

雑穀に興味を持ったのは、半年くらい前。
韓国から、雑穀米を何度か頂くうちにその美味しさにすっかりハマってしまいました。

一体雑穀とはどんなものなのか?
どんな種類があって、どんな料理法があるのか?ついでに歴史は?

f0213493_1883917.jpg


知りたいことがたくさん出てきました。
それなら勉強しよう!

ネットで調べました。日本雑穀協会というのがあって
年に数回、講習と試験があり
それに合格すれば、雑穀エキスパートという資格が得られるとのこと。
早速チャレンジです。

先週の土日、朝から夕方までびっしり講習を受けてきました。
そして試験。 合格か否かはまだ分かりませんが
勉強になったことは確かです。
ヘルシー志向の昨今、雑穀も注目を浴びてきたようで
講習会場は満員。熱気ムンムンです。
若い男性も結構いました。

二日目は調理の実習もあり、美味しい雑穀料理に舌鼓!
献立は・・・
大豆とあわ・ヒエのご飯    (日本雑穀協会のパンフレットより)
f0213493_183129100.jpg

タカキビとハト麦のロールキャベツ
f0213493_18314694.jpg

もちきびドレッシングのサラダ
f0213493_1832281.jpg



雑穀は奥が深いですね。
なんてったって、紀元前1万年前から存在するんです。

全部が全部、雑穀ばかり使うのもなんですが、
料理のポイントに使うのはとっても美味しくていいと思います。
そして楽しい食感もあり、食欲も増しそうです。栄養価もばっちりですし。

雑穀を見直した1日でした♪
by geko2203 | 2010-07-09 18:35 | 日常

東京は下町の小さな日常を綴ります。


by geko2203